群馬県高崎市浜尻町868
027-361-0546

羽毛布団キャンペーン実施中!!

【羽毛布団各種】

お客さま一人一人に合った羽毛布団をご提供させていただきます。高級だから良い!ではなく、その人に合う商品をお探しいたします。
睡眠の質を良くすることで、気持ちの安定や、体力の回復など様々な効果を得られます。
まずは、ご相談ください。

【羽毛布団のリフォーム】

お手持ちの布団のリフォームはいかがでしょうか?
膨らみがなくなってきた、ニオイが気になる、羽毛が出てくる・・・など、大事に使ってきた布団のお悩みも一気に解決!!

《お手軽コース》洗浄・300ℊの羽毛補充・抗菌、防臭、防カビ加工・新しい生地
 シングルサイズ
                     ¥21,780円(税込み)~

【寝具】

季節に合った寝具のお取り扱いをしています。
お客様のご要望に応じた商品をご提案させていただきますので、まずは弊社までお気軽にお問い合わせください。

これからの季節にぴったり!!

羽毛合掛け布団ダウン90% 人気シリーズ「フルテクトⓇ」

これからの季節にちょうどいい羽毛布団
今だけの特別価格  ¥28,600円(税込)
夏場の季節は布団を選ぶのに一番悩む時期です。
暑くて寝苦しい、しかし布団を掛けないとエアコンで寝冷えして体調を崩してしまう・・・。夏場に快適な睡眠がとれないと、生活や仕事にも様々な影響が出てくるものです。なんとなく気分がすぐれない...そんなことありませんか?

このように睡眠で悩んでいる方は多いと思います。
そんな時は意外にも羽毛布団が活躍します。羽毛布団というと冬のイメージが強く、夏は暑すぎて使えないだろうと思われるかもしれませんが、この時期に重宝されるのが羽毛布団の肌掛けと合い掛けです。

羽毛の特徴として、湿気を吸って自然に排出し、湿度を一定に保つ性質があります。
綿は湿気を吸ってくれますが、自然には排出しないので、干したり乾燥機で乾かしてあげる必要があります。
化繊は通気性がよく元々吸湿性がゼロなので、湿気ないし保温性も落ちませんが、汗を吸ってくれません。
このように、素材としても羽毛は優れており、さらに自然に湿気を排出するので干す必要もありません。寝室のエアコンを稼働させる程度で就寝時には快適な状態になります。特に湿気が気になるようなら布団乾燥機を20分も稼働させれば十分です。
羽毛布団は、実は一年中使える万能なお布団なんですよ!

意外に思われた方も多いかと思いますが、夏場の布団で悩んでいる方、ぜひ羽毛布団を試してみてください。
弊社では肌掛け、合い掛けも豊富なラインナップを揃えております。

寝具のことでお悩みでしたらまずは一度ご相談ください。
つながるマルシェde群馬
1

オーストリッチのフェザーダスター

オンラインマルシェにてご紹介した“オーストリッチのフェザーダスター”についてのお問い合わせは下記ボタンをクリックしてメールまたはお電話にてお問い合わせください。ぜひ、お待ちしております!!
ご質問や気になることがあればお気軽にどうぞ!!

Sun-Feather  News!!

2021年3月 【お知らせ】Instagram・Fecebookも開設していますので、ぜひ遊びに来てください。
2021年6月 【キャンペーン実施中】フルテクト®加工の羽毛布団・掛布団カバー販売中!
2022年4月 【お知らせ】現在商品のラインナップを準備中!!
2022年5月 【羽毛布団キャンペーン実施中】フルテクト®加工の羽毛布団をはじめ、たくさんの羽毛布団をご用意しています。
2021年6月 【キャンペーン実施中】フルテクト®加工の羽毛布団・掛布団カバー販売中!

お布団について知ってると便利かも!!

羽毛布団どうすれば?

今さら聞けないけど知っておきたい!!
羽毛布団のお手入れと聞くと面倒だと思う方も多いのではないでしょうか?
でも、そのお手入れを怠るとせっかくの羽毛布団も台無しになってしまいます。羽毛布団は吸湿・発散性に優れているため綿布団のように干す必要はありませんが、なるべく乾燥した状態を心がけましょう。干す場合、朝夕は湿気が多いため午前10時から午後3時ぐらいがベストです。日干し、または風通しの良い日陰で1時間ほど干せば大丈夫!その際、バシバシと布団たたきなどで叩くと中の羽毛を痛めてしまうのでご注意ください。(どうしてもの場合は撫でて埃を落とす程度に) 購入直後やビニール、ポリエチレンなど通気性のないものに入れて保管をすると羽毛のニオイがすることがあります。これは使用するうちに自然と消えるので心配いりません。製品を外気にさらすことでニオイは比較的早く消えます。
長期保管の場合は、布団はよく乾燥させてから防虫剤などを間に挟んで、風呂敷や布団ケース(不織布などのもの)の通気性の良いものに入れて押入れの上段など、湿気の少ない場所へ保管してください。圧縮袋などは使わないのが良いのですが、やむを得ずの場合は、圧縮袋の注意書きをよく読んで、布団はよく乾燥させて中の空気は抜き過ぎず、元の高さの4分の1程度にしましょう。
長期保管の場合、布団がへたってしまうので、布団の上には重い物を置かないよう注意してください。
弊社では、長年ご利用になり量が減ってしまったり、汚れやニオイが気になってきた際には羽毛布団のリフォームも行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

有限会社 サン・フェザー
住所:〒370-0005
   群馬県高崎市浜尻町868
弊社は製造工場のみですので、商品をご要望の際はお電話かメールにてお問い合わせください。
TEL:027-361-0546
✉:info@sun-feather.com